読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットすやすや

嘘ときどき現実、見方により法螺話となるでしょう

あれからぼくたちは

わりと長く、旅行してきた。ああ楽しかった。夏が始まった。



ブリュッセルに降り立ってプラハから発つことだけを決めてヨーロッパに飛んだ。ブリュッセルブリュージュ(ベルギー)とケルンとハイデルベルクとヒルシュホルンとローテンブルクとヴュルツブルクミュンヘン(ドイツ)とプラハチェコ)に行った。こう見ると結構いろいろ行ったな。結構いいコースだった気がする。詳しい旅程はまた改めて。明日どこへいこうか、何をしようか、どう過ごそうか、本当に全部何も決まっていなかったので、その日暮らしって感じだった。宙ぶらりんな状態が毎日続くの結構楽しかった。

付き合ってくれた彼女とは、2010年の夏をサンフランシスコで過ごしたのだった。遠くまで来たねえ、もう大人だねえ、としみじみと感じ入った。お互いずいぶん金遣いが荒くなったと笑った。お金があって理由なくポジティブな大人の毎日はめちゃくちゃに楽しい。意味なく宝石みたいなチョコレートを買ったりアンティークのレースにうっとりしたり勢いでお城に泊まることを決めたり朝から白ソーセージとビールを食したり同じようで違うたくさんの教会の荘厳さに何度も新鮮に感動したりしてコップに水を満たしていく。

プラハで泊まったいいホテルでは、部屋にBluetoothのスピーカーがあったのでありがたく活用した。Sexy Zoneの「Love Confusion」を白くキラキラ輝くシーツの海に寝そべって聞くの気持ちよかった。「いい曲じゃん」とほめてもらえてうれしかった(本当にいい曲!大好き)。ランダムに流れてくるいろいろを聞き流していたら、あの頃の未来に僕らは立っているのかなあ、と耳に入ってきてぐっときた。あの頃の未来だなあ、いま、この瞬間、紛うことなく。

すべてが思うほどうまくはいかないみたいだけど、でもぶっちゃけだいたい結構それなりにうまくいってる。と思う。大丈夫。人生どうにかなる気がやっと、やっとしてきた。大人は楽しいって、どうしてもっと早くみんな教えてくれなかったのだろう? 高校生や大学生の頃は辛かった。将来に夢や希望なんてなくたって全然生きていけるってあの頃のわたしに伝えてあげたい。

まだ夏休みは続く。何もすることがない日の暇さに押しつぶれて死にそう、という贅沢な悩み。せっかく真っ白な日々なのだからエンタメに生きて死ななければ。